OSMOS(オスモス)技術協会

光ファイバセンサによる構造ヘルスモニタリング
国土交通省新技術NETIS 登録番号:KT-200126-A

施工実績

大型載荷装置を用いた覆工コンクリートの載荷試験

概要

施工場所
茨城県
構造物
ビニロンファイバー繊維入り実物大覆工コンクリート試験体
直径:9.5m コンクリート厚さ:120mm
実施時期
2000年
モニタリングの目的
(1) ビニロンファイバー入りコンクリート の終局強度の測定
(2) OSMOS による覆工コンクリート歪み測定性能の検証
(3) OSMOS を適用したトンネル覆工コン クリート維持管理システムの検証
モニタリングシステム
使用OSMOSセンサは1m ST4本, 2m ST 4本とした。
計測は試験場に設置したPCにより自動計測を行った。
結果・管理者のメリット
OSMOSセンサによる計測結果は、試験体にクラックが入る以前(弾性状態)からクラックが発生し終局状態(非弾性状態)に至るまで覆工コンクリート変形を計測できた。
これまで、コンクリートの変形を弾性範囲から非弾性範囲まで正確に計測できるシステムが少なく、この面からもOSMOSセンサの有効性が再認識できた。

実績一覧をPDFでダウンロードできます。
随時更新しています。(最終更新日:2022年8月10日)

お電話でのお問い合わせ

045-307-4744

受付時間帯 10:00~17:00