TOP施工実績PCホロー桁健全性モニタリング

施工実績

PCホロー桁健全性モニタリング

施工場所 埼玉県
施工主 芝浦工業大学
構造物 2径間PCホロースラブ橋

モニタリングのニーズ・
目的
PCホロー桁橋は小河川の橋梁として多く採用されている橋梁形式であり、この型式の橋梁の劣化の推移データを取得することは維持管理にとって有効である。
建設直後より定期的にデータを収集しPCホロー桁の劣化の進行状況を把握する。
モニタリング手法・
システム

2m ST 6本、1m ST 2本、3軸加速度計2台
1軸加速度計2台、変位計4台

モニタリング結果

50トンのラフタークレーンを使用した静的載荷試験及び走行試験により橋梁の力学的初期データを取得した。

お客様のメリット 同一荷重条件での力学的データ(ひずみ、変位、加速度)情報を収集することにより無劣化の状態から劣化が進行する過程の情報が得られ、維持管理における判断材料となるデータが取得できた。

一覧へ戻る

変位計測無料お見積もり

お問い合わせ

045-862-8395

ログイン