TOP施工実績PC構造物終局強度試験

施工実績

PC構造物終局強度試験

施工場所 栃木県
施工主 民間会社
構造物 PC梁(試験体)
50cm × 50cm 3m長さ

モニタリングのニーズ・
目的
(1) PC梁の終局強度試験における
OSMOSの適用性に関する実証試験
(2) 劣化診断データ指標の検証
モニタリング手法・
システム

モニタリング結果

試験体下面に1mSIセンサーを設置し、計測した。
OSMOSセンサー以外には変位計、鉄筋にひずみゲージ、コンクリート表面歪み、クラックゲージをセットし計測した。
計測結果では、歪みゲージはコンクリート表面にクラックが発生し、非弾性領域に入ると計測不能になるのに対して、OSMOSは終局強度状態まで、精度良く計測できることが確認された。
OSMOSセンサーの計測値と梁のたわみの関係が、非弾性領域でも良い近似をすることが分かった。
これは、OSMOSで橋梁の桁の軸変形を管理することにより、撓みの管理もできることを示唆している。
(橋梁の維持管理では、撓みで管理する場合が多く、撓みを継続的に計測する良い方法が無かった。この状況に対してOSMOSを採用すれば、簡単にこれを達成することが出来る)

お客様のメリット

一覧へ戻る

変位計測無料お見積もり

お問い合わせ

045-862-8395

ログイン