TOP施工実績劣化度診断長期計測 その1

施工実績

劣化度診断長期計測 その1

施工場所 神奈川県
施工主 国家機関
構造物 昭和40年建設、総延長1098m、
単純PCポストテンションT桁鏡

モニタリングのニーズ・
目的
この高架橋は、南側が海に面しており、台風シーズンには直接高波を被る立地条件にある。
そのため高架橋は厳しい塩害環境にあり、塩害による劣化が進んでいる。道路管理者は、塩害による劣化と構造強度の関係を把握し、合理的な維持管理方法を模索している。
モニタリング手法・
システム

2m STセンサー:18本
温度センサー:2本
動的載荷試験、24時間連続計測

モニタリング結果

動的載荷試験及び交通荷重による計測により、桁に生じるひずみを計測する事ができた。
劣化度の異なる3箇所(径間)で計測を実施した。

お客様のメリット 動的載荷試験及び交通荷重によるひずみ計測をもとに、劣化進行の有無を予測するため、定期的な載荷試験の実施を提案した。(第1回目計測)

一覧へ戻る

変位計測無料お見積もり

お問い合わせ

045-862-8395

ログイン