TOP施工実績鉄道施設への護岸工事影響モニタリング

施工実績

鉄道施設への護岸工事影響モニタリング

施工場所 東京都
施工主 地方自治体
構造物 鉄骨造高架橋

モニタリングのニーズ・
目的
鉄道駅が川を横断する形で建設されている。
自治体は駅のプラットフォームを支持している橋脚の前面を流れている川の護岸補強工事を行う事を決定した。このため、電鉄会社は護岸補強工事が橋脚に及ぼす影響を計測し列車の走行に影響が無い事を確認しながら工事を進める事を要求した。
モニタリング手法・
システム

使用センサー
OSMOSセンサー:10m ST 1本
1m EX 2本
NTT回線よる遠隔モニタリング

モニタリング結果

モニタリングは2000年2月より7月末までの6ヶ月間行われた。
計測結果はOSMOSシステムが工事の影響による僅かな影響も見逃すことなくモニタリングできることを示した。
また、計測結果は工事の影響は許容範囲に収まっていることを示した。

お客様のメリット

一覧へ戻る

変位計測無料お見積もり

お問い合わせ

045-862-8395

ログイン